勉強のはかどりは作業環境で決まる|学習机選びのポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

熟練の技

ミニチュアの家具

府中市は内陸の工業都市で、木工だけではなく、機械や金属、線維など様々な製造業が盛んです。ものづくりの街とも呼ばれ、特に木工の企業が多く連なり、高い技術を持っています。多くの企業が生産する府中家具には長い歴史があります。府中家具の製造は今から約290年前から始まり、ある職人が他の地域から家具作りの技術を持ち帰ったことがきっかけだと言われています。初めの内はタンス作りが行なわれ、明治には農業が忙しくないときの副業として製造されました。その後、大正から昭和にかけて一気にタンス職人が増え、府中家具は発展します。その理由として、物流の拠点になっていたため木材の入手がしやすかったことや、気候が家具作りに適していたことが挙げられます。そして、府中家具のタンスは戦後、嫁入り道具としての地位を確立しました。現在ではタンス以外にも様々な家具を生産するようになり、食器棚や机など、多くのバリエーションがあります。府中家具の製造は素材を大切にしていて、木材ごとの味のある家具作りが特徴です。また、木材にはそれぞれ違った性質があるため、作業工程も材質ごとに変化させます。そうすることによって家具の歪みや痛みを抑えることができ、性能もよく長持ちする家具が完成するのです。こういった素材ごとの技術は長い歴史のある府中家具ならではで、熟練した職人にしか扱えません。加工技術も優れており、強度を高めるための工夫や、高品質の家具にするための技術が多く使用されています。