勉強のはかどりは作業環境で決まる|学習机選びのポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加

便利で楽しいベッド

室内

兄弟がいる家では、二段ベッドを置いていることも多いです。それぞれのベッドを用意するよりもスペースは少なく済みますし、経済的なので人気があります。また、スペースが広くなることで勉強机を置いたり、遊ぶ空間が広くなるのも魅力的です。幼稚園のころまではおもちゃもある程度少ないかもしれませんが、小学生になると、男の子なら野球道具やサッカーボールなど置きたいものが多くなります。女の子の場合は洋服も増えるでしょうし、エレクトーンも置くかもしれません。そこで二段ベッドで部屋を有効的に活用しましょう。注意しないといけないことは、窓を塞ぐ場所に設置してしまうと部屋が暗くなるということです。そのため邪魔にならないところに設置するとよいでしょう。また、幼い子供では上の段から転落してしまう危険性もあります。使い方に慣れない内は目を離さずに、しっかりと覚えてから1人で使わせるようにしましょう。どうして危険なのか、どうしたら落ちないのかを教えることが大切です。二段ベッドはスペースが少なく済む以外にも、使うのが楽しいという魅力があります。自分だけの広いふかふかなスペースで、高いところに登ったり親から隠れられるというのはわくわくします。自分だけのスペースで自由に過ごし、お気に入りのおもちゃやぬいぐるみと寝ることもできます。しかし、はしゃぎすぎると頭を打ったり転落する危険もあるので、使い方をきちんと教えましょう。また、二段ベッドは親から離れて1人で寝ることになるので、子供の自立も促します。